スタッフブログ

2017.02.03更新

いつもお読みいただきありがとうございます。浅間台歯科医院の藤原です。

早いもので2017年も既に1ヶ月が過ぎ、本日は節分となります。寒さは相変わらずですが、太陽の光に力強さを感じるようになり日も徐々に長くなってきました。本日は節分ということで、各地で豆まきがおこなわれたり、恵方巻きを食べるなどの行事・イベントがおこなわれているようです。

当院でも院長がスタッフ全員のために恵方巻きを準備してくださり、お昼休みに美味しくいただきました。こうした気遣いは働くスタッフにとってとても嬉しいもので、わざわざ準備してくださった院長に感謝感謝です!

さて、節分は2月3日が一般的に知られていますが、実は年に4回あるのをご存知ですか?書いて字のごとく「季節」を「分ける」日が節分なので、春・夏・秋・冬の季節の分かれ目(立春、立夏、立秋、立冬)の前日が節分というわけです。ですので2月3日は「立春」の前日なので、冬と春を分ける日(節分)となります。

ではなぜ2月3日の節分がメジャーになったているかというと、日本では「春」が一年の始まりとして考えられていて、4回ある節分の中でも大切で重きを置かれている日だからだと言われています。確かに季節の移り変わりのことを「春夏秋冬」と言うように、春が1年の始めとして捉えられていることがわかります。

外に目を向けてみれば梅の花や早咲きの桜(河津桜など)が咲くなど、春の気配を少しずつ感じられるようになってきました。あと1月半もすると各地から桜の便りが聞かれることを考えると、春は本当に目の前です。寒さはまだまだ厳しいですが、こうして春が一歩一歩近づいてくると気持ちも明るくなりますね!


本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

恵方巻

 

梅

投稿者: 浅間台歯科医院

  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
初診・再初診の方はこちら 現在治療中の方はこちら