スタッフブログ

2020.04.03更新

いつも当院にご来院いただきありがとうございます。
4月になって新年度を迎えましたが、新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。治療をお受けになる患者様にもしものことがあってはなりませんので、当院では今までおこなってきた感染予防対策に加え下記の取り組みをおこなっております。

 

①来院される患者様全員への検温の実施
診察券と保険証をお出しいただく際、非接触型の体温計を使い受付にて検温させていただきます。

②出勤するスタッフ全員の検温と検温結果の表示
出勤時にスタッフ全員検温をおこない、その日の体温を名札で表示いたします。

③患者さん同士の距離をできる限り離すオペレーションの実施
待合室はもちろん、診療台も可能な限り患者さん同士が近づかないように配慮しています。

④診療中の換気の徹底(入口の自動ドアと窓を常時開放)
室内の空気がこもらないよう、常時窓を開けて換気をしています。寒い方にはブランケットをご用意しています。

⑤屋外に椅子を設置し臨時待合室を用意
待合室が混み合うとリスクが高まりますので、屋外でもお待ちいただける環境を整備しました。

 


ご存知の通り、行政からは不要不急の外出を控えるよう通達もでております。体調に不安のある方や、遠方から交通機関を利用して来院される方など、どうぞご無理はなさらないでいただければと思います。

また、次の項目に該当される方は受診を控えていただけますようお願い申し上げます

 

◆2週間以内に海外渡航歴がある方

◆咳、鼻水、喉の痛み、倦怠感がある方

◆悪寒、熱っぽさなど発熱の症状がある方

◆味覚や匂いの感じ方に異常がある方

 

引き続き、患者様が安心して治療を受診できるよう、できる限りの対策をおこなってまいります。

 

新型コロナウイルス感染予防対策

 

 

新型コロナウイルス対策 検温について

スタッフは毎朝体温を測って計測結果を表示するようにしています。

 

新型コロナウイルス感染対策 屋外待合室

診療所の駐車スペースに椅子を設置し屋外待合室も準備いたしました

 

投稿者: 浅間台歯科医院

2020.02.27更新

いつも当院にご来院いただきありがとうございます。


皆さんもご存知の通り、新型コロナウイルスの流行が猛威を振るっており、神奈川県内でも市内感染が確認されました。当院ではこれまで以上に衛生管理を強化し、患者様が安心して治療を受けられる環境づくりを徹底します。


<衛生管理にあたっての当院の取り組み>

 ①高濃度次亜塩素除菌水「フィリオ30」での除菌および加湿
 ②医療用オゾン燻蒸機による強力な除菌
 ③患者ごとの医療用グローブのまめな交換
 ④ウイルスに有効な除菌スプレーの受付への設置
 ⑤非接触型体温計での検温(希望者のみ)


また、当院は外来環(歯科外来診療環境体制加算)の届出済施設となっております。外来環とは、厚生労働省が定めた施設基準をクリアした診療所のみ認可される制度となっており、患者様にとってより安全で安心できる歯科医療の環境整備がおこなわれている歯科医院の目安となります。


今回猛威をふるっているのが未知のウイルスということもあり、皆さんとても不安を感じていらっしゃると思いますが、私たちは医療人として、できる限りの衛生管理と対策をおこない患者様をお迎えできればと考えております。


浅間台歯科医院 
院長 妹尾明寛

投稿者: 浅間台歯科医院

2020.01.21更新

いつも当院にご来院いただきありがとうございます。

当院の院長 妹尾が学会に出席するため、2月の診療日が下記の通り変更となります。


◆2月06日(木) 診察(10:00~12:30 14:00~19:00)

◆2月08日(土) 休診

◆2月21日(金) 休診

◆2月22日(土) 休診

◆2月27日(木) 診察(10:00~12:30 14:00~19:00)

 

患者様にはご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

浅間台歯科医院

 


<緊急時の連絡先 休日・夜間救急診療所について>

横浜市西区歯科医師会では、休日・夜間に起こった歯の痛み等に対し、救急処置をおこなっています。かかりつけ医の診療時間外に歯やお口のトラブルがありましたら、横浜市歯科保健医療センター(横浜市歯科医師会)までご連絡ください。


【休日救急診療所 ご連絡先】
 〒231-0012 横浜市中区相生町6-107
 TEL 045-201-7737

【休日救急診療所 受付時間と詳細について】
 ◆日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月4日)
  AM 10:00~16:00
 ◆夜間救急歯科診療(年中無休)
  PM 19:00~23:00

※必ず保険証(コピーは不可)を持参してください。
※継続的な治療は受けられませんのでご注意下さい。

投稿者: 浅間台歯科医院

2020.01.15更新

☆歯周病ってどんな病気?
皆さん、歯周病って一度は聞いたことがあるとは思いますがどんな病気か知っていますか?歯周病はその字の通り、歯を支える周囲の組織が歯周病菌をはじめ様々な要因によって破壊されていく病気です。そして「世界で最も患者数が多い病気」としてギネス世界記録にも認定されています。

 

☆歯周病の進み方

歯周病

 図1

成人の5人に4人が歯周病ともいわれています。歯周病がとても進行して歯の周りから膿が出る状態になると歯槽膿漏(しそうのうろう)ともいいます。そしてとても静かに、密かに、気づかれないように進行し、気づいた時にはすでに手おくれで、歯を抜くしかない、また自然に抜けてしまったといったこともしばしばある恐ろしい病気です。今回は、この世界で最も患者数の多い歯周病の全身疾患への影響についてお話してみたいと思います。

 

☆どうして全身疾患と関係あるの?
下の図に示してあるのが歯周病と全身疾患の相関図です。こんな病気と歯周病が関係あったのかと驚く方もいるかもしれませんね。なぜなのかこれから説明していきたいと思います。

 

歯周病

図2

 

図1のように歯周病はとても静かに私たちに気づかれないように進行していきます。進行すると歯の周囲の歯周ポケットが深くなり歯周病菌がどんどん増殖していきます。そして歯周病菌の出すさまざまな毒素が私たちの健康を害していきます。

歯周病が進行して歯がぐらついたり、歯の周りが脹れたり、歯を喪失すると当然噛みにくくなります。噛みにくくなれば食物摂取がしにくくなり低栄養を起こし、またよく噛めないで飲み込むと胃腸へも負担をかけます。また歯周病菌の出す酵素が、細菌やウイルスを防いでいる口腔粘膜を破壊し容易に体内に入りやすくしてしまいます。つまり風邪やインフルエンザに罹りやすくなります。
また高齢になると嚥下(えんげ)機能(飲み込む力)が低下し、また簡単にせき反射がおきなくなり、唾液に混じった細菌が気管に入り肺に流れ込んでいく誤嚥(ごえん)がおき、誤嚥性肺炎になります。高齢者の死亡原因第3位が肺炎でそのほとんどが誤嚥性肺炎です。お口を清潔に保たなければ、いくら肺炎球菌ワクチンを接種しても誤嚥性肺炎になってしまいます。

 

☆歯周病菌が血管内に侵入すると
本来無菌状態であるべき血液に細菌が侵入すると血管内に入り込んだ歯周病菌全身を駆け巡り様々な悪さをします。細菌が血液中に入り込むと、この悪玉菌を退治しようと免疫細胞が出動し戦いが始まります。免疫細胞の働きには感謝したいところですが、安心は出来ません。免疫細胞VS悪玉菌の長く続く戦いそのものが炎症性反応で、それが長く続くことが「慢性炎症」です。この慢性炎症が長引き積み重なることで、生活習慣病をはじめ多くの慢性疾患が引き起こされます。

 

☆どんな病気の原因になるの?
糖尿病、狭心症、心筋梗塞、動脈硬化、胎児の低体重・早産、肺炎、がん、肥満、骨粗しょう症、認知症などの直接的、間接的な原因になるといわれています。疾患別の原因等はまた何かの機会にお話しできればと思います


☆こんな症状があったら要注意! あなたは〇点?
 
歯周病セルフチェック表
Q1 年齢は40歳以上ですか?(25点)
Q2 歯磨きをするとよく出血しますか?(10点)
Q3 歯肉が赤く腫れることがありますか?(20点)
Q4 歯がぐらぐらすることがありますか?(10点)
Q5 固いものが咬みにくいことがありますか?(20点)
Q6 喫煙者ですか?(15点)

★合計点数が30点以上の方は歯周病のリスクがあります。
 
歯周病治療の前後の写真です。

 歯周病

治療前の写真

 

歯周病

 治療後の写真

 

歯周病は、全身疾患のもとになる恐ろしい病気です。そして静かに進行します。歯周病予防には徹底的な定期的な口腔ケアによる歯垢や歯石の除去が必要です。定期的に歯科医院でお口の健康管理をしている人の方が、していない人よりも生涯医療費が少ないということもわかってきました。たかが歯周病と侮らず、毎日の丁寧な歯磨きと定期的な歯科受診をお勧めします。皆様も歯周病予防で全身疾患を防ぎ健康な毎日を送りましょう!

 

 

投稿者: 浅間台歯科医院

2019.12.26更新

いつも浅間台歯科医院のブログをお読みいただきありがとうございます。

昨日は毎年恒例のクリスマスイベントを開催いたしました。今年は天気にも恵まれ、たくさんの親子連れにお越しいただくことができました。

普段は歯医者さんが怖い子も、サンタの格好の院長や衛生士さん、バルーンアートやクリスマスプレゼントを見て、楽しく歯磨きができたようです!

お子さんの虫歯は、毎日のセルフケア(歯磨き)と歯医者への定期的な来院で予防することができます。今回のイベントがお子さんのお口の健康に役立てたらスタッフ一同とても嬉しいです!

2019年も残り少なくなりましたが、来年も浅間台歯科医院をどうぞよろしくお願いいたします!皆さんもどうぞよいお年をお迎えください!

 

クリスマスイベント2019

 

クリスマスイベント2019

 

クリスマスイベント2019

 

クリスマスイベント2019

投稿者: 浅間台歯科医院

2019.12.20更新

いつも浅間台歯科医院のブログをお読みいただきありがとうございます。

毎年恒例のクリスマスイベントまであと5日となりました。街を見渡しても

イルミネーションやクリスマス飾りで綺麗に装飾されていて、クリスマスの

雰囲気を感じます!

 

当院でも来院いただいた患者さんに少しでもクリスマスの雰囲気を感じて

いただけるように、クリスマス用のバルーンアートを作って飾っています!

 

お子様が大好きなアニメキャラクターや、定番のサンタ・トナカイなど

何種類か用意してお待ちしています。

 

来院された際にはぜひ見つけてみてください!

 

クリスマス用バルーン

 

クリスマス用バルーン

 

クリスマス用バルーン

 

クリスマス用バルーン

 

クリスマス用バルーン

 

クリスマス用バルーン

 

クリスマス用バルーン

 

投稿者: 浅間台歯科医院

2019.11.26更新

いつも当院をご利用いただきありがとうございます。

年末年始期間中の診察と休診は下記の通りとなります。休診日が多くご不便をおかけしますが何卒よろしくお願い申し上げます。(木曜日は本来休診ですが、12月26日は診察いたします)

12月26日(木) 診察
12月27日(金) 診察
12月28日(土) 休診
12月29日(日) 休診
12月30日(月) 休診
12月31日(火) 休診
01月01日(水) 休診
01月02日(木) 休診
01月03日(金) 休診
01月04日(土) 休診
01月05日(日) 休診


1月6日(月)からは、10時より通常通り診察いたします。

 

<緊急時の連絡先 休日・夜間救急診療所について>

横浜市西区歯科医師会では、休日・夜間に起こった歯の痛み等に対し、救急処置をおこなっています。年末年始期間中に歯やお口のトラブルがありましたら、横浜市歯科保健医療センター(横浜市歯科医師会)までご連絡ください。


【休日救急診療所 ご連絡先】
 〒231-0012 横浜市中区相生町6-107
 TEL 045-201-7737

【休日救急診療所 受付時間と詳細について】
 ◆日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月4日)
  AM 10:00~16:00
 ◆夜間救急歯科診療(年中無休)
  PM 19:00~23:00

※必ず保険証(コピーは不可)を持参してください。
※継続的な治療は受けられませんのでご注意下さい。

横浜市西区にある浅間台歯科医院では、年末年始期間中下記の日程でお休みをいただきます。患者様にはご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿者: 浅間台歯科医院

2019.11.14更新

いつも当院のブログをお読みいただきありがとうございます。

浅間台歯科医院では毎年クリスマスに子供向けのイベントを開催しています。このイベントは、子どもたちに健康で綺麗なお口で楽しいクリスマスを過ごしてもらい、良い年を迎えてもらいたいという願いを込めておこなっています。当日はサンタになった先生と歯科衛生士が、子どもたちのお口をチェックし、綺麗に歯磨きし、虫歯予防のお薬「フッ素」を塗らせていただきます。医院には子供向けのサンタさんの衣装も用意してあり、クリスマスツリーの前で記念撮影をしていく親子も沢山いらっしゃいます。お帰りの際には「福引き」「クリスマスプレゼント」も用意しているので、お友達も連れてぜひお気軽に遊びにきてください!!

 

<イベント詳細>

日 時 : 平成30年12月25日(火) 
     10:00~12:30 14:00~19:00

会 場 : 浅間台歯科医院
      神奈川県横浜市西区浅間台1-5

費 用 : 保険証と小児医療証をお持ちいただければ
     10歳までは実質無料です。

連絡先 : 045-311-7104

※このイベントは予約制となっています。受付で直接ご予約いただくか、電話、メールフォームにて直接お申し込みください。(初めて治療を受けるお子様は、事前にご来院いただきカルテを作っていただくと、当日のご案内がスムーズになります)


メールフォームからの申込みはこちら

※問合せ内容欄に「クリスマスイベント予約」と書いていただき「お子様のご年齢」「申込み人数」を添えて送信してください。

※12月25日(火)のクリスマスイベント当日ですが、オンライン予約システムから申込むことはできません。電話かメールフォームからお申し込みください。

 

クリスマスイベント

クリスマスイベント

 

クリスマスイベント2

 

クリスマスイベント3

 

投稿者: 浅間台歯科医院

2019.10.11更新

いつも当院にご来院いただきありがとうございます。

現在大型で非常に強い台風19号が関東地方に接近しており、12日(土)は相当な荒天が予想されます。

当院におきましては通常通り9時半より診療をおこなう予定ですが、天候が荒れてきたり交通機関に乱れが生じているようでしたら、無理にご来院せず、別の日に予約を取り直すなど安全第一でお願いいたします。

台風の被害が最小限で済むことを願いつつ、皆様も十分お気をつけくださいませ。


浅間台歯科医院 院長
妹尾明寛

投稿者: 浅間台歯科医院

2019.09.17更新

こんにちは。
いつも浅間台歯科医院のブログをお読みいただきありがとうございます。

9月13日(金)、当院院長の妹尾が横浜市西区保険活動推進員全体研修会にて講演させていただきました。この講演は一般市民の方に虫歯や歯周病のメカニズムやその予防方法をお伝えする内容となっており、参加いただいた方にわかりやすく聞いていただけるよう準備を進めてまいりました。当日は会場となった横浜市西区役所に多くの市民の方が集まってくださり、熱心に話に耳を傾けていただきました。

虫歯や歯周病などで困っている患者さんを治療することも歯科医院の大切な役割ですが、病気やお口のトラブルになる前の「予防」についてしっかりと啓蒙し、一般市民の方に健康で豊かな生活を送っていただけるようにすることも重要な任務だと考えております。

これからも地域の保健衛生と住民の皆様の健康をサポートできるよう、積極的に活動してまいります!

また、当日忙しい中ご出席いただいた市民の方と運営をサポートしてくれた関係者の皆さんに感謝申し上げます!

 

追伸

講演会終了後に事務局からアンケートの集計結果が届きました。9割以上の方から「大変よかった」「よかった」の評価をいただき、大変嬉しく思っております。

 

一般市民向け講演会

 

一般市民向け講演会

講演会

 

一般市民向け講演会

講演会

投稿者: 浅間台歯科医院

前へ
  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
初診・再初診の方はこちら 現在治療中の方はこちら