スタッフブログ

2017.05.24更新

いつもお読みいただきありがとうございます。

昨日浅間台歯科医院では株式会社三和デンタル様をお招きし、院内研修会を開催しました。今回は義歯(入れ歯)の基本的な知識やケアの方法をメインに講義をしていただきました。

保険の入れ歯も保険外の入れ歯も、正しい取り扱いとこまめな清掃が必要です。きちんとケアができないと長持ちしないばかりか、口臭が発生したり歯ぐきを痛めるなどお口に悪影響を及ぼすことがあります。

昨日講習で学んだことを患者さんにしっかりと伝え、快適に入れ歯を使っていただけるようにスタッフ一同取り組んでまいります。


また、講習会の中でもうひとつお話いただいたのが、保険外の入れ歯の種類と特徴です。その中でもノンメタルクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)は、最近とても人気でつける方も増えていると伺いました。


端的にスマイルデンチャーの特徴を挙げるとすると下記の3点です。


1、金属のバネ(クラスプ)が無いので入れ歯が目立たない。

2、入れ歯のプラスチック部分が薄く・軽く・柔らかいため違和感が少ない。

3、保険の入れ歯より隙間が少ないので、食べ物のカスが挟まりにくい。


◆スマイルデンチャー公式サイト(三和デンタル様)
 http://www.sanwa-dental.com/

 

スマイルデンチャーは当院でも取り扱っていますので、もしご興味がありましたらお気軽にスタッフまでお声がけください。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

院内研修会

 

院内研修会 義歯

投稿者: 浅間台歯科医院

2017.05.15更新

いつもお読みいただきありがとうございます。

この度浅間台歯科医院では、患者様により便利に診療をお受けいただくためオリジナル公式アプリを作成しました。無料で簡単に入手可能ですので、ぜひお手持ちのスマホにダウンロードしてください!


<アプリダウンロードのメリット>

①予約がワンタッチで可能
これまで予約をする際、その都度電話帳で当院の番号を呼び出したり、インターネットで検索して予約をされる方が多かったのですが、アプリをダウンロードしていただくと最短2タップ(2ステップ)で予約が可能です。電話・ネット両方の予約がこれまで以上に簡単におこなえます。


②次回予約の登録が可能
次回の予約をその場で登録する事でうっかり忘れを防止します。予約を登録すると予約された日の前にリマインド連絡も届きます(1日前、3日前、5日前で選択可能)。また、数ヶ月先の定期検診の登録と通知も可能です。


③最新情報がチェック可能
定期的に更新しているブログの情報をチェックできたり、医院からのキャンペーンの連絡を受け取ることができます。


■app store(iPhoneをご利用の方)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1229009494?l=ja&ls=1&mt=8


■google play(Androidをご利用の方)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.genova.app.sengendai.yobou.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

アプリ

投稿者: 浅間台歯科医院

2017.05.10更新

いつもお読みいただきありがとうございます。

地元の方はご存知かと思いますが、浅間台歯科医院は横浜市立宮谷小学校のすぐそばにあります。診療所からも校舎が見え、平日は子供たちの元気な声がよく聞こえてきます。

実は当院の院長、妹尾明寛は宮谷小学校の学校歯科医を務めており、子供たちのお口の健康をサポートさせていただいています。

4月の下旬から学校歯科健診が始まりましたので、診療が始まる前に学校に出向いて子供たちのお口の状況をチェックしています。

集中して勉強やスポーツをしたり、成長期の子供がしっかりと食事を摂るためには健康な歯であることがとても重要です。一人ひとりしっかりとお口の中をチェックして、児童達のお口の健康と健やかな成長をサポートできるよう取り組んでまいります。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

宮谷小学校

 

宮谷小学校

投稿者: 浅間台歯科医院

2017.04.18更新

いつもお読みいただきありがとうございます。

浅間台歯科医院では、今月も外部から講師をお招きし勉強会を開催しました。今月はライオン歯科材株式会社のご担当者様に来院いただき、歯ブラシや歯磨剤(歯磨き粉)などの口腔ケア用品について学びました。

お口の健康に対して意識が高い方で、定期的に歯科医院に検診にいらっしゃたとしても、歯科医師や歯科衛生士によるメインテナンスは回数や時間に限りがあります。やはり基本的にはご自宅での口腔ケア(ブラッシングや歯間清掃など)をしっかりおこなっていくことが、お口の健康を維持するためには大切です。

「正しい歯磨きや歯間清掃のやり方を教えてほしい」「自分の歯や口の状態に合ったケア用品を教えて欲しい」など、患者様は色々な悩みを抱えていらっしゃると思います。

当院のスタッフは患者様の悩みを少しでも解決できるよう、最新の知識を身に付ける努力をしておりますので、何かお困りのことがありましたら気軽にお声がけください!


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

口腔ケア勉強会

投稿者: 浅間台歯科医院

2017.04.04更新

こんにちは、浅間台歯科医院の藤原です。
ゴールデンウィーク中の診療についてご案内させていただきます。

◆4月29日(土)⇒ 休診
◆4月30日(日)⇒ 休診
◆5月 1日(月)⇒ 診療
◆5月 2日(火)⇒ 診療
◆5月 3日(水)⇒ 休診
◆5月 4日(木)⇒ 休診
◆5月 5日(金)⇒ 休診
◆5月 6日(土)⇒ 診療
◆5月 7日(日)⇒ 休診

5月8日(月)からは通常通り診察いたします。
患者様にはご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

横浜市西区歯科医師会では、休日・夜間に起こった歯の痛み等に対し、救急処置をおこなっています。連休中に歯やお口のトラブルがありましたら、横浜市歯科保健医療センター(横浜市歯科医師会)までご連絡ください。

【休日救急診療所 ご連絡先】
 〒231-0012 横浜市中区相生町6-107
 TEL 045-201-7737

【休日救急診療所 受付時間と詳細について】

 ◆日曜・祝日・年末年始
  AM 10:00~16:00
 ◆夜間救急歯科診療(年中無休)
  PM 19:00~23:00

 ※必ず保険証(コピーは不可)を持参してください。
 ※継続的な治療は受けられませんのでご注意下さい。

投稿者: 浅間台歯科医院

2017.03.30更新

いつもお読みいただきありがとうございます。

浅間台歯科医院では毎月スタッフ全員参加のミーティングを開催しており、診療にあたっての課題や改善点などについて話し合ったり勉強会をおこなっています。

今回は株式会社セラミックスタジオ横浜の担当者様を講師にお迎えし、自由診療と保険診療の技工物(詰め物やかぶせ物)の違いや特徴などについて学びました。講師の方が実際に模型を持ってきて、それを見ながら説明してくださったので、とてもよく理解できました。

今後も患者様に質の高い医療サービスを提供できるよう、スタッフ一同研鑽してまいります。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

勉強会1

勉強会2

投稿者: 浅間台歯科医院

2017.03.27更新

いつもお読みいただきありがとうございます。

昨日の日曜日から今日の午前中にかけて、久々にまとまった雨が降りましたね。桜も開花したようですが、ここ数日の寒さで足踏み状態のようです。今週は暖かくなるようなので、桜の開花も一気に進みそうです!

さて、季節が乾燥した冬から春になると雨が降る機会も多くなります。お出かけするタイミングで雨が降っていればしっかり傘などの雨具を持って外出できますが、出かけた後に雨が降ってくると雨具が無く困ってしまう場合があります。

浅間台歯科医院では、傘を忘れてしまった患者様用に「レンタル傘」をご用意しております。もしご利用になりたい場合は受付にお申し付けいただき必要事項(お名前と連絡先)を記入いただければ無料でご利用いただくことができます。

治療中に雨が降ってきてお困りの場合は、お気軽にレンタル傘をご利用ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

レンタル傘

 

 

投稿者: 浅間台歯科医院

2017.03.13更新

いつもお読みいただきありがとうございます。

先日院長の妹尾明寛が、神奈川県医師会の在宅医療トレーニングセンターにて講演させていただきました。

今回は「訪問歯科診療・口腔ケアでできること~基本的な知識と具体的な方法~」というテーマでお話をさせていただきました。訪問歯科診療に関しては今後急速な高齢化が進むことが確実なため、受講された皆さん全員が熱心に話に耳を傾けてくださいました。

ちなみに横浜市においても急速な高齢化は例外ではなく、2025年には100万人が65歳以上の高齢者となることが予想されています(高齢化率26.1%)※1。また、要介護認定者は約20万人、認知症高齢者は少なくとも10万人にのぼるともいわれています。

※1 横浜市政策局「横浜市の将来人口推計」より


今後も地域の医療福祉に貢献できるよう、日々活動してまいります。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

20170313

投稿者: 浅間台歯科医院

2017.03.08更新

いつも当院をご利用いただきありがとうございます。大変恐縮ですが、都合により3月21(火)は休診とさせていただきます。ご不便をおかけいたしますが、何卒お願い申し上げます。


 3月19日(日)  休診
 3月20日(月)  休診
 3月21日(火)  休診


3月22日(水)からは通常通り10時より診察いたします。


不明な点などございましたら当院までお問い合わせください。

045-311-7104

投稿者: 浅間台歯科医院

2017.02.20更新

いつもお読みいただきありがとうございます。浅間台歯科医院の藤原です。

全国各地でインフルエンザが猛威をふるっているようですが皆さん大丈夫でしょうか?実は私の子供が通う幼稚園でもインフルエンザが大流行して学級閉鎖になるなど、ちょっと前まで大変な状況だったようです。2月も後半に差しかかり少しずつ暖かくなってきたので、流行のピークは過ぎた感がありますが、気温が上がると今度は「花粉症」のシーズンがやってきます。

そうなると、花粉症の方が手放せなくなるのが「マスク」です。

近年マスクの質や機能が劇的に改善され、商品ラインナップも豊富になってきているようです。ドラックストア等のマスク売り場を見ると、選ぶのが大変なくらいたくさんの種類のマスクが置いてあります。

実はこのマスクですが、正しい着け方、取り扱い方があることを知っていますか?実は私も恥ずかしながら最近になってそれを知りました。

1、表裏について
マスクの真ん中の上下を持って軽く引っ張り、内側にくぼんだ方が裏側(口側)になります。また、マスクと耳にかけるゴムのつなぎ目(取り付け面)が無い方が裏側です。ほとんどのマスクはゴムの取り付け面が表側(外側)についています。さらに、プリーツ(ヒダ)の向きを確認するとより確実です。通常表側のプリーツは「下向き」になっています。なぜプリーツを下向きにするかというと、上向きにしてしまうとマスクのプリーツが菌・ホコリ・花粉をキャッチしまうといわれているからです。

2、上下について
顔に密着させる針金がついているタイプであれば、針金がある方が上となります。また、先ほどお伝えしたプリーツの向きも確認していただくとより確実です。

※メーカーごとの仕様により一部例外もあります。


また見落としがちですが、マスクは取り外す際にもポイントがあります。長時間着用しているマスクの表側には、菌や花粉などが付着しています。取り外す際にはゴムの部分を持ち、極力表側(特にプリーツ部分)には触れないようにしましょう。また、捨てる際にもビニール袋で密封したり、蓋つきのゴミ箱を利用すると、より確実に菌や花粉をブロックできます。

せっかく良い機能が着いたマスクも、装着方法や取り扱いを間違えると効果が半減してしまいます。しっかり装着し正しく取り扱って病気の予防や花粉症対策に役立ててください!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

マスクの表側(外側)

マスクの表側(外側)です。プリーツが下を向いています。

 

耳にかけるゴムの取り付け部分

耳にかけるゴムの取り付け部分がある方が通常表側(外側)になります。

 

投稿者: 浅間台歯科医院

前へ 前へ
  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
初診・再初診の方はこちら 現在治療中の方はこちら