むし歯・歯周病の治療

むし歯が気になる方へ

原因を知ることは自分を知ること。しっかりとご説明します

むし歯の原因は人によってさまざまです。歯磨きが十分でない、甘い物を食べすぎる、歯磨きせずにそのまま寝てしまう…。むし歯の原因を知ることは、つまり、生活習慣を見直すということです。目を背けることなく、自分自身と向き合って生活習慣を改善しなければ、むし歯は再発します。患者さんからすれば耳が痛いこともあるかもしれません。しかし、当院では患者さんに良くなってもらうために、言葉を尽くしてしっかりと原因をご説明しています。

「歯科医院=メンテナンスをするところ」が理想

「歯科医院はむし歯になったら行くところ」と思っている方が多いのではないでしょうか。歯科医師にとって理想の歯科医院は「健康な歯を長く保つため、メンテナンスを受けに行くところ」です。むし歯を削って、再発して、また治療して…の繰り返しだと、患者さんにとっても時間と手間、さらにはお金がかかってしまいます。定期的に歯科医院に通い、歯科医師や歯科衛生士のアドバイスを受けて適切なブラッシングをし、ときどき専門的なケアを受ける。そうすることで健康な歯を長く維持でき、治療にかけるコストも抑えることができます。

リラックスして治療が受けられるように配慮していること

当院では患者さんがリラックスして治療が受けられるよう、対話を大切にして、ざっくばらんに雑談を交わしながら治療を進めています。また、以下のように痛みを軽減させる工夫も行っています。

痛くない治療のための工夫

当院では「表面麻酔」をした上で「自動麻酔器」を使い、できる限り痛みの少ない治療を行っています。

表面麻酔

表面麻酔とは歯ぐきの感覚をなくす麻酔のことです。麻酔薬を染み込ませたコットンやガーゼを歯ぐきに当て、感覚を麻痺させることで注射時のチクッとした痛みがなくなります。

自動麻酔器

一定のスピードを保ったまま自動で麻酔注射をしてくれる機器です。注入速度のムラにより発生する痛みを防いでくれます。

なるべく歯を残す治療を行っています

いくら歯科医療の技術が進歩しても、見映え、噛み心地ともに一番なのは自分の歯です。一度削った歯は二度と再生しませんから、当院ではむし歯とそうでない部分を見極めて、必要な部分だけ除去するようにしています。

むし歯の治療が終わってから、本番ですよ。

いくら歯科医療の技術が進歩しても、見映え、噛み心地ともに一番なのは自分の歯です。一度削った歯は再生しません。当院では歯を拡大できる歯科用の拡大鏡を使って、むし歯とそうでない部分をしっかり見極め、必要な部分だけ除去するようにしています。→「予防歯科」へ

その症状、歯周病かもしれません

そもそも歯周病ってどんな病気?

「歯周病」という言葉はよく聞くと思いますが、そもそもどんな病気なのでしょう。歯周病とは、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にたまった歯垢や歯石という細菌のかたまりが、歯肉に炎症を起こす病気です。歯ぐきの腫れや出血などが見られ、進行すると歯を支える歯槽骨を溶かし、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯を失う原因の…なんと一位

実は、歯を失う原因の一位が歯周病です。2005年に全国2,000件の歯科医院で行われた調査によると、歯周病が42%、むし歯が32%で実に7割超を占めています。「歯が抜けてしまうのは最悪でしょ」と思われている人もいらっしゃるかもしれませんが、この数字を見れば病気の怖さと早期治療の必要性がわかるのではないでしょうか。

影響するのは歯だけじゃない。全身疾患にも

歯周病の影響は口の中だけに留まりません。転んで脚を擦り剥いてしまった時は、細菌が入らないように消毒をしますよね。歯周病を放置するのは、傷口を消毒せずにほったらかしにするようなものです。歯周病の細菌が何らかの理由で血管の中に入ってしまうと、血栓が起きやすくなったり、心臓の疾患にかかりやすくなったり、糖尿病を悪化させてしまったりすることがあります。

歯周病の治療方法

歯周病は症状の進み具合によって治療方法が異なります。

軽度と中度の場合

スケーリングとルートプレーニングを行います。
スケーリングとは、スケーラーという器具を使って歯にこびりついている歯垢や歯石を除去する方法です。歯周ポケットが深くて、スケーリングでも取り除けないときにはルートプレーニングを行います。スケーリングとはまた違った器具を使って歯垢・歯石を取ります。

重度の場合

重度の歯周病にも効果が見込めるのがレーザー治療です。特殊なレーザーを患部に照射することで歯周病の原因菌を殺菌し、止血して血行を良くすることで、健康的な歯ぐきを取り戻します。他の治療法に比べて回復が早いことも特徴です。

  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
初診・再初診の方はこちら 現在治療中の方はこちら