むし歯や歯周病の予防について(予防歯科)

予防に注力する理由

当院では、むし歯や歯周病の予防に力を入れています。それは、患者さんに健康な歯を長く維持してほしいからです。むし歯になれば歯を削らなくてはなりません。歯周病を放置すれば最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうことがあります。

むし歯になる原因

むし歯になる原因は、細菌の塊である歯垢(プラーク)や歯石です。これらが酸を出して歯の表面にあるミネラルを溶かし、時間がたつことでむし歯が生まれてしまいます。

定期検診を受けて病気を予防しましょう

むし歯や歯周病を予防するためには、適切なブラッシングと歯科医院での専門的なケアが必要です。ブラッシングだけで十分、と思われる方もいるかもしれませんが、むし歯や歯周病の原因になる歯垢は、除去されないとわずか2日で硬い歯石になり、歯石は歯科医院でケアしないと除去することができません。必ず定期的に検診を受けるようにしましょう。

当院では患者さんの歯質や唾液の量などもチェックして、その方に合ったメンテナンス方法をアドバイスしています。

検診ではブラッシング指導のほか、スケーリングを行って歯垢や歯石を除去します。また、バイオフィルムを取り除くPMTCも行います。中には、検診で自分の歯がきれいになるのが気持ち良いからと、毎月通われる方もいらっしゃいます。そのように熱心にメンテナンスに取り組まれる方は、初診時に口の中がとても荒れていても、みるみるうちに、むし歯や歯周病が再発しない環境に変わっていきます。

予防のための生活習慣

ここでは、ご自宅でできる3つのむし歯予防法をお伝えします。

1ブラッシング

いわゆる歯ブラシを使った歯磨きです。どんなに忙しい方でも、一日に一回は丁寧なブラッシングをするようにしましょう。特に寝る前が効果的です。食べかすや歯垢を落としてむし歯や歯周病を予防するために、歯の毛先を歯と歯の間、歯と歯ぐきのライン、歯の溝の底にまで入れましょう。

2フロッシング

歯並びが原因で歯と歯の間が狭く、歯ブラシが届きにくい人はフロス(細い糸)を活用しましょう。フロスを歯と歯の間に入れて、表面をこするようにして上下に数回動かしてください。虫歯の原因になる歯垢がきれいに落とせます。

3マウスウォッシュ

マウスウォッシュには、虫歯予防というよりも、歯周病を予防する目的の方におすすめしています。歯に色がつきやすい人や知覚過敏の人など、当院では患者さん一人ひとりに合った商品をご提案しています。

  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
初診・再初診の方はこちら 現在治療中の方はこちら