歯を失った方へ

歯を失ったときの治療方法

歯を失った場合、そのまま放置していては見映えや噛み合わせが悪くなりますから、人工の歯で補う必要があります。その方法として、入れ歯やブリッジ、インプラントが考えられます。

入れ歯・インプラントのすすめ

当院がお勧めしている治療法のご紹介

入れ歯について

入れ歯とは?

歯がなくなった場所に人工歯をはめて、人工歯についた金具やバネを隣の歯に引っ掛けるなどして固定する方法です。

部分入れ歯について

部分入れ歯とは

部分入れ歯とは、一部の歯が欠損している場合にはめる入れ歯です。
人工歯と歯ぐきに似た義歯床、留め具で構成されています。保険と自費それぞれご提供できます。

種類 保険の部分入れ歯
特徴 金属のバネで固定
メリット 安価、短時間で製作可能
デメリット バネが見える、調整が手間
費用について 保険のルールに従って算出
種類 自費の入れ歯
特徴 バネを使わずに装着できる
メリット 見映え、着け心地が良い
デメリット 保険に比べて費用が高い
費用について 100,000~500,000円

※費用はすべて税込み

総入れ歯について

総入れ歯とは?

総入れ歯とは、上下のいずれか、また上下ともに歯が全くない場合に入れる入れ歯です。
総入れ歯は歯を固定させるところがないため、粘膜に吸着させて使います。

種類 保険の総入れ歯
特徴 プラスチック製で厚い
メリット 安価、短時間ででき、修復しやすい
デメリット 食べ物の温度を感じにくい、違和感を覚えやすい、破折しやすい
費用について 保険のルールに従って算出
種類 自費の総入れ歯
特徴 歯ぐきと接触する面がシリコンでできている
メリット 痛くない、外れにくい、噛みやすい、劣化しにくい、
デメリット 保険に比べて費用が高い、調整に多少時間がかかる
費用について 使用する素材や症例によって変わります。歯科医師までご相談ください

使用中の入れ歯に違和感がある方

まずは患者さんの入れ歯を詳しくチェックし、さまざまな角度から違和感の理由を探ります。
違和感や痛みを覚える原因としては、口の中の骨が出っ張っていたり、筋が当たっていたりすることで、入れ歯が口に合っていないことが考えられます。当院は口腔外科も行っているため、骨を削ったり小帯を切開したりして、患者さんにぴったりな入れ歯を作ることができます。

入れ歯作りの流れ

カウンセリングで患者さんの訴えをよく聞き、口の中を見て悩みの原因を把握します。当院には歯科技工士が常駐するため、その日のうちにできるものはスピーディーに修正を行います。その後、微調整を重ねて完成です。

インプラントについて

インプラントとは

インプラントとは、あごの骨に手術で穴を空け、チタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、そこに人工歯(上部構造)を被せる治療法です。
インプラント体の強度が高いため噛み心地が良く、入れ歯やブリッジと違って周囲の歯に負担もかけません。但し、費用が他の治療法に比べて高額になります。

安全性を重視した当院のインプラント治療

正確性・安全性を守るためにCTを導入しています。

当院では安全性を重視したインプラント治療を行うために、CTを導入しています。CTは3次元で撮影できるため、あごの骨の状態などを精密に把握できるのです。

口腔外科専門の強み

私は、口腔外科を専門としています。「切って、剥離して、縫う」という外科処置の経験が豊富です。まず・・親知らずの抜歯もできない歯科医師がインプラント治療を行うなんて私の常識ではありえません。私ならこれまでの口腔外科の経験を生かした、安全で正確かつスピーディーなインプラント治療を行うことができます。また、骨が薄いなど難しい症例の場合は、より専門的な技術を持つ医療機関もご紹介することが出来ます。

治療手順について

1精密検査と治療計画の作成

カウンセリング後に、レントゲン撮影やCT撮影をして患者さんの口の状態を詳細に把握します。それをもとに治療方針を作成して、患者さんにわかりやすくご説明します。

矢印

21次手術

手術をしてインプラント体をあごの骨に埋め込みます。

矢印

3定着期間

インプラント体があごの骨に定着するまで安静にします。通常は3ヵ月から半年ほどです。

矢印

42次手術

歯ぐきを開いて、インプラント体と人工歯をつなぐ支柱を取り付けます。

矢印

5人工歯の装着

取り付けた支柱に人工歯を被せます。

矢印

6定期検診

噛み合わせや炎症の有無などを確認し、インプラントが問題なく機能しているかを確認します。

補償について

  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
  • 採用情報
  • ヘルスケア大学 監修について
  • facebookページ
  • Doctor's File
初診・再初診の方はこちら 現在治療中の方はこちら